読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月曜日までに考えておきます

ITネタとゲームネタ中心に興味のあること色々書きます。

【全米が】PS3の「THE LAST OF US」やってました【泣いた】

ゲーム PS3

PS3の「THE LAST OF US」というゲームをやっていました。知らずに買ったんですが、「アンチャーテッド」作ってるところと同じなんですね。アンチャーテッドやったことないけど。とりあえず本編クリアまで進んだので感想書きます。

ゲームのストーリー

ウイルスでバイオハザードでゾンビっぽい何かが発生して社会崩壊した世界から20年後の世界で主人公のおっさん(ジョエル)が14歳の少女(エリー)を守りながら旅するアクションゲームです。バイオハザード起きても20年以上生存できている人類すごい。

おっさんは最初は面倒な依頼を引き受けてしまった、って感じだし少女の方もツンデレなので両方ツンツンしてるんですけど旅を続けてお互いに苦難を乗り越えていくうちに信頼関係が芽生えていくという全米が泣く感じの話です。

ゲームの内容

ゲームシステム的には最近のバイオハザードの主人公達みたいにタフじゃないので、見つからないように戦います。あと、ゾンビだけじゃなくて北斗の拳のヒャッハーな人たちみたいな悪党グループが居て、そういうのとも戦ったりします。ゾンビは基本、こっち見つけたら全速力で突進してくるのですが、人間は物陰に隠れながら銃を撃ってくるので有効武器が違ったりしますね。ゾンビはショットガンでやっつけるといい感じですけど人間相手だと射程の長い銃でスナイプしていく感じのほうが有効とか。ちなみに近寄って殴ってもいいし、気付かれてなければ背後から素手で殺せます。おっさん強い。

とはいえ、体力的には割とひ弱なので複数に囲まれたりすると無双したりできないですね。あと、銃も近距離で打たれるとダメージでかいっぽいし急所に当たると大ダメージ(即死?)なので人間に見つかっているのに突進して殴るとかできないゲームになっています。このへん、暗殺ゲーなのに見つかってもめっちゃ強いアサシンクリードとか、見つかって撃たれながらも敵を殴り倒してまた隠れるメタルギアとは違ってシビアですね。ただ、敵もわりとゆとってて人間の敵は見つかると物陰に隠れて撃ってくるだけになるので死角から近寄って仕留めたりとかするのが簡単だったりします。このへんはメタルギアの敵兵は見つかると容赦なく挟み撃ちにしてくるので、実は見つかってもそんなに問題がないこのゲームのほうが簡単なのかなぁという気もします。見つからずにやっつけたり回避したりできるとカッコイイというだけで。

ゾンビの方は、見つかると容赦なく突撃してくるので弾数と相談してよしなに処理。

おっさんえぐい

主人公のジョエルは邪悪な人ではないんですけど容赦はないですね。ゾンビやっつけるのはいいとして、上記のヒャッハーな悪人もためらわずに粛々とやっつけていきます。「出てこなければやられなかったのに!」みたいな苦悩も別にない感じです。あと拷問とかもします。しかもゲロったのに消されます。こわい。ジャック・バウアーとか「96時間」という映画のお父さんみたいな感じですね。悪人じゃないけどやりすぎ感あり。やりすぎ系男子。

オンライン

オンラインモードあるんですが、チームに分かれての対人戦ですね。超むずい。メタルギアオンラインとかパルテナもそうだったんですけど、この手のゲーム難しいんですよね。いまいちコツがわからない。敵が見つからないのにいつのまにか敵に見つかって撃たれてるし、先に見つけたのに、なぜかこっちが撃ったのは外れたりカス当たりでそれに気づいた敵に的確に急所に反撃されて死ぬ、みたいな。だいたいのゲームのジャンルできるんですけど、これのコツが分からなくてつらいです。

残酷描写

18禁制限が付いていたと思います。が、別にエロスはないです。エロスはないです。 前述のようにゾンビが出るのでそれだけでグロいんですが容赦なくヒャッハーな人達も始末していくので未成年がやるのはよくないね、と。で、日本版で表現が若干マイルドになっているんですけどグロい描写は結構ありますね。爆弾で敵を倒すと死体の足とか吹っ飛んでるし、火炎瓶で倒すと黒焦げになります。ちなみに爆弾とか火炎瓶で倒すと、エリーに「酷いよ!ジョエル!」って言われるんですけど。そんなこと言われても・・・。

音に反応するゾンビがいっぱい居る所で適当なスペースにビンとかレンガを投げる→割れる音にキシャアアアアアアっていっぱい集まってくる→火炎瓶投下→上手に焼けました とかやって弾丸節約しようと思ったらなぜか責められて心がしぼみます。

まとめ

グラフィック綺麗だし、ストーリーも最後まで遊んですごい( ;∀;) イイハナシダナーって思いましたし、ゲームとしても面白いので非常にオススメな作品でした。自分も発売日には買わなかったんですが、気になってたんで思い切って買ってみてよかったです。