読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月曜日までに考えておきます

ITネタとゲームネタ中心に興味のあること色々書きます。

Slackの絵文字を変更すると世界(観)が変わる

IT

Slack便利ですよね。

仕事でもプライベートでもSlackを使っている人も多いと思います。 今日はその中でも絵文字の設定について説明したいと思います。

絵文字の設定は変えられる

Slackの起動直後は絵文字がこんな感じになっていると思います。

これを設定画面から変更することが可能なんですね。

Slack画面の左上のチーム名をクリックして、 Preferences > Messages & Media でこのような設定画面を出すことができます。

Noneを除くと、4つの選択肢があるわけですね。

デフォルトサンプルの4つの中にunko入れてるSlackのセンスすごいなぁと思います。

さて、ここにあるサンプル以外のアイコンでの雰囲気を見てみましょう。謝罪にも感謝にも使える便利アイコンのみんな大好き:bow:だと

Apple/International

Google Hangouts

Twitter

Emoji One

となっています。で、この中で明らかに変な奴が一人いますよね。

こいつは一体何なんでしょうか。

Google Hangouts Styleの黄色い人

このイエローマン、他の絵文字でも特徴的でだいたいこんな感じです。

癒し系ゆるキャラ感がありますね。

Dancerとか、Appleがこれなのに対して

こんなですよ。ふなっしーかよ。

:ok_woman:のイエローマンedition

「OKに見えない」「頭抱えている」「/(^o^)\」とか言われている :ok_woman:さん

これもOKに見えます。そう、Google Hangouts Styleならね。

どこからどう見てもOKですね。むしろwoman要素どこ行った。

まとめ

みなさんもEmoji Styleを変えてみてSlack生活にちょっとした変化をもたらしてみてください。