読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月曜日までに考えておきます

ITネタとゲームネタ中心に興味のあること色々書きます。

バイオハザード7 プレイ感想

PS4 ゲーム

1/26(木)に発売したバイオハザード7をクリアしたので、感想です。

怖さ

バイオハザード5,6辺りで完全にゾンビと銃撃戦をするゲームになってて、怖さが全くなくなってました。 ところが今作は、怖さに焦点を当てており、前作とは全く別なゲームになっていました。 あまり主人公が強くないのもあり、敵の怖さに怯えながら探索を進めるゲームになってて新鮮でした。

あと、グロいシーンも多いですね。ぼくがやったのは赤いパッケージのグロテスクバージョンという規制が弱めのやつなんで、普通のパッケージの方ならもうちょっとグロくないのかもしれません。 海外版はさらに規制がなくてよりグロいらしいですね。

戦闘

前述のように、5,6 は戦闘に焦点を当てていたゲームだったように思えたのですが、今作はそんなに戦闘ゲームじゃないですね。 なので、敵も入手できる武器も種類が少なく、あまり強くない感じです。

短さ

ボリュームはかなり少なく、短いですね。 クリア目標で4時間以内というのがあり、この時間以内でクリアすればトロフィーや特別なアイテムが貰えるようになっているぐらいの短さです。 そして、ぼくも2周目で4時間以内が達成でので、そこまでシビアな時間ではないです。 初代バイオよりも少しだけ長いぐらいですね。

その他

PSVR に対応していますが、持っていなかったので普通にディスプレイでやりました。 しかしそれでも充分すぎるぐらいに怖いですね。

あと、ラスボス戦に入る前の演出は、すごい良かったですね。