読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月曜日までに考えておきます

ITネタとゲームネタ中心に興味のあること色々書きます。

PENTAX「K-30」初期不良だったので交換してもらいました

この前の記事で書いたようにPENTAXの「K-30」買ったのですが、どうにも初期不良だったみたいで交換してもらってよくなりました。

初期不良の内容

前の記事書いたこの部分、どうやら不良だったみたいです。

問題点など

シャッターを押してから実際に撮影されるまでの時間が意外と長く、子供が笑ってたからそれを撮ろうとシャッター押したらもう違う表情になっている、とかよくあります。半押しでオートフォーカスしてから押し込んでるんですけどね。実際にシャッター切ってから撮影されるまでが遅いような。ちなみにレリーズタイムラグという概念だそうです。

コンパクトデジカメやiPhoneはいきなり撮れたので、ちょっとこの遅さに戸惑っています。設定をいじれば早くなるのか、この機種が遅いのかそもそも一眼はコンデジや携帯端末と違って遅いのか、気になるところです。

これを原因として交換してもらったわけではなく、

  • 起動してすぐにメニューボタンを押すとフリーズする
  • フリーズすると、電源をきることもできない
  • 電池を抜いて、電源を切る必要がある

という問題があって、あまり実運用上の問題は無いものの嫌なので交換してもらったら、このタイムラグが大きい問題も解消しました。

ファインダーもおかしかった

一眼、コンデジのように液晶に画面を写して撮ることもできるのですが、デジカメ以前のカメラのようにファインダーを覗いて撮るのがデフォルトなのでそっち推しみたいですね。(正直カメラ素人なのでまったくわかってないのですが)

それで、ファインダーを覗いて撮ろうとしたらすごい見にくくて、やっぱりデジカメの液晶見ながら撮るやり方に慣れちゃったからだな〜って思ってたんですが、ファインダーの画像が見にくいのもどうやら故障だったようです。交換してもらったらこっちも直りました。

まとめ

あまり慣れていないものを買うと、変な動きしてても故障なのか仕様なのかよくわからないってのは怖いことなんだなぁと感じました。 電池抜かないと直らないフリーズ問題がなかったらレリーズタイムラグもファインダー見にくいのも仕様だと思ってましたよ。

というわけで、K-30のレリーズタイムラグは遅いわけではなかったので良かったです。