月曜日までに考えておきます

ITネタとゲームネタ中心に興味のあること色々書きます。

ファイアーエムブレム エンゲージをクリアまで遊んだので感想

1/20(金)に Nintendo Switch で発売された「ファイアーエムブレム エンゲージ」をエンディングまで遊んだので感想です。

風花雪月との比較

前作の風花雪月では戦闘パートと同じぐらいに学園パートも重要で長かったですが、本作も拠点パートはあるものの風花雪月ほどのマップの広さや、やることの多さはないですね。授業をして武器の適性を強化するようなシステムなどもないので育成パートについては風花雪月よりもカジュアルに遊べます。

とはいえ、料理の素材や錬成の素材を 3D 移動でマップを歩き回って拾ったりしないといけないなど、戦闘パートだけに集中できない要素は引き続き継続している感じでした。武器の耐久度は本作はないので、強い武器を一つ錬成して使い続けられるのは楽だと思います。ただ、お金とか素材はかなりカツカツなゲームバランスになっていました。

ストーリーは風花雪月が一周40〜50時間ぐらいかかる上に4ルート分岐みたいなボリュームでしたが、本作は特に分岐等なく、かつクリアまでがすごい長いわけでもないので、風花雪月と比較するとトータルプレイ時間は少なくなると思います。

新要素

エンゲージという過去作の主人公と合体するようなシステムがあります。これは指輪を装備しておくと、戦闘中ずっと力や速さなどの重要なパラメータが上がってさらに追加のスキルなどが使えたりするもので、かつ、条件を満たすと完全に融合したようなモードになって3ターンパワーアップしたり必殺技を打ったりできる、というようなものでした。 相当強力なので、育てたいキャラに装備させる、というような仕組みで使えます。

良かった点

キャラクターのビジュアルは非常に良いですね。 女性キャラクターは全体的にみんな可愛くなっており、かつ通常時のグラフィック、アニメシーンのどちらも美麗かつ表情豊かに作られており、良かったです。

また、過去作の主人公を出してくる時点でなんかソシャゲーっぽいなぁと思ったんですが、諸々のクオリティが高く、歴代主人公集結はアベンジャーズ感あって良かったですね。

あまり良くなかった点

ストーリーの途中でしばらく指輪を失うイベントがあるのですが、この期間が結構長い上に、指輪で取得できるスキルが FE のゲームシステム上重要なクラスチェンジに関わってくるので、クラスチェンジをさせようとする計画に影響が出ます。 特に、魔法職へのクラスチェンジに必要な素質を取るための指輪がその後、終盤まで帰ってこないので、元々、攻撃魔法が使えないキャラを攻撃魔法職にできるのは終盤になります。

また、ストーリーも前述の指輪を失うあたりの展開とか、相当終盤の主人公のパワーアップ(?)イベント周りのどういうこと?感が説明不足感あってよくわかりませんでした。

まとめ

風花雪月と比較するとサクッと終わるもののゲームとしてはちょうど良いボリューム、難易度で良いゲームでした。 一方で、今すぐ遊んだ方が良い、みたいな名作感はそこまで強くはなかったので、FE 好きや気になっているならやればいいものの、FE 未経験者でもぜひやるべき!というまでのクオリティではないかなという感想でした。

2022 年遊んだゲームのまとめ

今年遊んだゲームのまとめです。

昔やっていたのですが、ソフィー2が出るということで思い出すためにプレイ。 store.steampowered.com

文句なしの名作でした。

  • Vampire Survivors(PC)

低価格かつシンプルなゲームながら高い中毒性を持つゲーム。気づいたら時間が溶ける系ですね。 DLC も含めて遊び尽くしました。

store.steampowered.com

久しぶりにやりたくなって買ってみました。 ヒット確認コンボが難しく、ランクマ、フレンド対戦どちらもそれなりに遊んだという感じ。

女の子が可愛い系ゲーム、キャラクターのグラフィックは特に良くなっていた気がします。 ゲーム性もいつものアトリエでそこそこ遊べます。

store.steampowered.com

  • ELDEN RING(PC)

最高のゲームでした。

store.steampowered.com

3D カービィ。クリア後コンテンツの難易度がそこまで高くなかったので、アプデやDLC 来るのかなぁと期待していたのですが現時点で特に来てないですね。

  • Horizon Forbidden West(PS5)

オープンワールド名作の続編。こちらもエルデンリングと同じぐらいに作り込みがすごくて面白いですね。

  • ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング(Switch)

子供のために以前買っていたやつですが、ゲームプログラミング学習のとっかかりに良いということで自分でもやってみました。

シューティングゲー、何周かしたけどそこまでやり込まず。

FF にしてはムービーゲーではなく、脳筋ゴリ押し主人公がゴリ押ししていくシナリオでシンプルで面白かったです。ゲーム性も良かった。

  • 冤罪執行遊戯ユルキル

アドベンチャーゲーム+縦シューティング。縦シューのトロフィーが一つ、難し過ぎてトロコンできず。

  • 世界の為の全ての少女(PC)

Slay the Spire 風ゲームということでやってみましたが、あまりバランスが良くなく、真 ED は見ましたが、そこまでやり込みませんでした。

store.steampowered.com

突然やりたくなって。

store.steampowered.com

  • ショベルナイトポケットダンジョン(Switch)

子供がショベルナイト好きなので一緒にやろうと思って購入、全キャラ出るぐらいまでは遊びました。

store-jp.nintendo.com

また兄弟喧嘩かよ、というストーリーで、実績系もめんどくさかったのでそこまでやり込まず。

store.steampowered.com

FF オリジンやったらどういうゲームだったか気になったので。

store.steampowered.com

FF1 のついでにピクセルリマスター全部入り買ったので、3を久しぶりにやりたくなりました。

store.steampowered.com

ヴァンパイアセイヴァー目当て。

store.steampowered.com

面白かったですが、他に面白いゲームが多すぎるので、最新のアップデートまでは遊んでないです。

  • リトル ノア 楽園の後継者(PC)

エンディングぐらいまで遊びました。グラフィックの可愛いアクションゲーム。

store.steampowered.com

名作でした。

なかなか面白かったですが、誤操作判定されることが多く、PC でキーボードマウスとかでやりたいなぁと思いました。

それなりに面白かったですが、ペルソナを期待するとそこまでのゲームではないゲーム。

会社の同僚と対戦するために。 大統領使ってましたが、第5部の敵キャラが強いみたいなゲームでした。

store.steampowered.com

継続的に遊んでます。

  • Cult of the Lamb(PC)

カルト教団運営ゲーム。シミュレーションゲームかと思ったら、割とアクションゲーム要素強めでした。エンディングまでは遊びました。

store.steampowered.com

  • Disco Elysium - The Final Cut(PC)

日本語化されたので遊びましたが、日本語化されていても難解。 一応、エンディングまで遊びましたが、周回プレイをしやすい仕組みではないので、遊び尽くした感じではないです。面白くないことはないですが、絶賛されている理由はあまりわからずでした。

store.steampowered.com

ステージクリア型 3D アクションゲーム。ロダン倒すところまでは遊びました。

3D アクションゲームで、ステージクリア型ではないがオープンワールドというほどでもない感じのゲーム。トロコンまでは遊びました。

これも今年良かったゲーム。ポケモン図鑑コンプまで遊びました。

ちょっとやったけどあまりやりこんでいないもの

まとめ

特におすすめだったのは以下のあたりかな、と思います。

PS5 「ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク」トロフィーコンプリートまで遊んだので感想

11/9 に発売された「ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク」ですが、発売日に買っていたものの、その後ポケモンが出たりしたことなどもあり、やり込めていませんでした。ようやくトロフィーコンプリートまで遊んだので感想です。

ゲームの内容

「ゴッド・オブ・ウォー」シリーズは割と長く続いているゲームで、3部作のギリシャ神話編が完結後、北欧神話編が始まったのが前作で、今作が北欧神話編2部目にして完結編となります。 グラフィックも素晴らしく、アクションゲームとしても完成度が高いです。ただし、前作と大きくは変わっていないので、新鮮さという意味では薄いかもしれません。

前作の感想も書いていたので、よろしければご一読ください。

PS4 「ゴッド・オブ・ウォー」プラチナトロフィーを取るまで進めたので感想 - 月曜日までに考えておきます https://ryonext.hatenablog.com/entry/2018/05/19/221553

シナリオ

ギリシア編と同じく3部作なのかと思っていたのですが、本作できっちりと完結しており、内容は良かったです。 主人公のクレイトスはギリシャ時代と比べると前作の時点でかなり丸くなっていたのですが、本作はすっかりと人格者になっていました。 次回作に続けられそうな要素がなくはないものの、すでに主人公として肉体、精神共に完成されてしまっており、これでクレイトスがメインの話は完結なのかなぁという気もしますね。ただ、デビルメイクライとかベヨネッタの最新作ほど明示的に引退的な展開だったわけではないので、しれっと次回作でまた暴れん坊になっていたりするかもしれませんが。

ゲーム内容

3D アクションゲームで、難易度調整ができるので、アクションゲーム苦手でストーリーを楽しみたい人でも遊べる設計になっています。私は難易度はノーマルでやりましたが、あまりサブクエストとかに手を出さないタイプなので、そういう進め方だとメインシナリオでも結構死ぬぐらいの難易度でしたね。複数回やり直せば突破できたので、ちょうどいい調整だと思いました。

また、前作では隠しボスのヴァルキュリアの女王がめちゃくちゃ強かったのですが、今作もクリア後に楽しめる強敵がいて楽しめます。

参考: 今年戦ってやばかったラスボス - 月曜日までに考えておきます https://ryonext.hatenablog.com/entry/2018/12/31/194742

前作は最強装備を集めるのに時間制限付きのマップを何度かクリアしないといけなくて面倒だった記憶があるのですが、今作はそんなに面倒ではなかった気がします。

まとめ

前作の「ゴッド・オブ・ウォー」は PC 版も出ていたり、PS でもフリープレイになったりしており、触れられやすい環境になっており、遊んだ方もそれなりにいるんじゃないかと思います。 前作の良かった部分を引き継ぎつつ、壮大な話を完結させているので、気になっている方はぜひ遊んでみると良いと思います。

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』一通り遊んだので感想

11/18(金)に発売された『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』のうち、バイオレットの方を遊んでいました。 全ポケモン集めるところまでは進んでないものの、ストーリーや重要そうなポケモンを集めるのは終わったので、感想です。

これまでのポケモンとの変更点

完全にオープンワールドになっており、最初からどこにでも行けるようになっています。 「Pokémon LEGENDS アルセウス」も 3D で自由に動けるというポケモンでしたが、ある程度の広さのマップ複数、という感じになっており、オープンワールドというよりは「モンスターハンターワールド」や「モンスターハンターライズ」に近いようなシステムかなと思いました。今作はワールドマップが学校内などの一部を除いて全て繋がっており、アルセウスよりも広大なマップをシームレスに歩き回れるようなっています。

アルセウスだとボールを投げるだけで捕獲が可能でしたが、このシステムは無くなっており、捕獲するためには戦闘をする必要が生じるようになっています。移動中にポケモンを放って、移動中のまま戦闘してもらって経験値を獲得するようなシステムがあるので捕獲不要で経験値だけ欲しい場合なんかはこれを使うとよさそうです。

攻略順が本当に自由なので、いきなり最強のジムリーダーに挑みに行っても良いのですが、基本的に近場から攻略していけばこれまでのポケモンに近い難易度で遊べるんじゃないかと思います。

良い点

広大なマップを歩き回ってポケモンを捕まえるのが楽しいです。 また、ポケモンセンターや他のトレーナーとのバトル、ポケモンボックスなどもシステムに合わせて変更が入っており、シームレスな冒険の楽しさを損なわない設計になっています。 キャラクターも、ライバルキャラや校長、ユーチューバーなど、魅力的なキャラクターの溢れていると思いました。 シナリオも仲間との友情が熱い展開になっています。

アイテムも充実しており、お金さえあれば厳選は不要になっているのも大きいですね。 性格や能力などは、最初からその値だったのかアイテムで変えたのかは判るようになっているので、こだわるのであればこれまで通り性能の良いメタモンを捕まえて、卵を量産するというプロセスが必要ですが、単に能力値の高いポケモンが欲しいのであれば、アイテムで解決するようになっています。

改善して欲しかった点

クリア後のエンドコンテンツとしてはオンライン協力プレイのテラレイドバトルがあるのですが、これが同じ任天堂スプラトゥーン3などと比べると、作りが良くないです。 オンラインレイドバトルの表示を出すまでに時間が掛かる上に、表示された参加可能なバトルもおそらく若干古い情報で、すぐに入ろうとしても入れないことが多いです。参加できなかった、という結果が返ってくるのにも数十秒掛かります。

そして、(負荷軽減のためだと思いますが)参加可能なバトル一覧の更新もユーザーが任意のタイミングでできるわけではなく、一定時間待たないとできないという仕組みになっており、オンラインでやりたいレイドに参加するのが難しいものになっています。 一応、ランダムという空いている何かにマッチングさせる機能はあるのですが、何にマッチングするかわからない上に、マッチングから抜けると一定時間ランダムが選べない、みたいなペナルティがあります。 テラレイドバトルの一覧の更新頻度を上げるか、ランダムでも星5以上のみとか、待ち時間長くなってもいいので星6にマッチングさせて欲しいとか、そういうオプションが欲しいなと思いました。 自分が星6をオープンして募集しても一瞬で埋まったりするわけではないので、募集されている星6に対するやりたい人が多いというよりは、システムのマッチングの仕組みが良くないんじゃないかと思います。

まとめ

自由度の高さを入れつつ、これまでのポケモンの楽しさも踏襲できており、理想的な進化を遂げた作品だと思います。 オンラインマッチングは若干厳し目ですが、この辺はアプデで良くなることを期待しています。

ニンテンドースイッチ「ベヨネッタ3」遊んでました

10/28(金)に発売された「ベヨネッタ3」遊んでました。 クリアしてある程度遊んだので感想です。

ゲーム性など

デビルメイクライ」に似たゲームで、スタイリッシュにコンボを繋いでいく 3D アクションゲームです。

2はやっていないので、どんな感じだったか知らないのですが 3はマップが広く隅々まで探索をすることで発見があるような仕組みになっていました。ベヨネッタ1は割と一本道だった気がするので、ここは大きめの変化かなと思いました。

1ステージが長く、探索すると30分以上掛かることが多かったのでステージ数はそれほど多くないもののボリュームは増えているんじゃないかと思いました。また、ステージが長いものの一度クリアしたステージは途中から開始できるので収集要素を集めるのはやりやすいと思いました。

新要素

これまではボスに対するトドメ演出だけだった大型の魔獣を実際に操作して戦うことができるようになりました。 これが火力が高く怯みにくいので強いです。ただ、本体のベヨネッタが無防備になるのと反撃をされると魔獣が暴走状態になってベヨネッタに攻撃してくるようになる、みたいなデメリットがあり、使い所は考えないといけない感じでした。

また、新キャラでヴィオラという刀を使うキャラクターがいます。デビルメイクライバージルみたいなキャラなのかなぁと思ったのですが、ベヨネッタの肝であるウィッチタイム(時間のスロー化)の発動が非常にシビアなため、ベヨネッタのように簡単な操作で爽快感が得られる感じではない難しいキャラクターだなと思いました。

ボリューム

この手のジャンルはエンディングまではそこまでのボリュームではなく早い人なら一日、休日やる込めば二日ぐらいで終わるぐらいのボリュームですね。 あとはストイックにステージの評価を上げるとか実績っぽいステージミッションをクリアする、という感じになります。

自分はあまりその辺には興味がなかったので、とりあえずお金を貯めて戦える隠しボス(いつもの)だけ倒そうと思っています。

あとは、武器種も多いので、やり込み、研究しがいはありそうです。

まとめ

3D アクションゲームとして良くはできていますがエンディングまではそこまで長くはないので、本格的に楽しもうとすると、その後もやり込むストイックさが要求されるゲームですね。もしくは他にやりたいゲームややりたいことをたくさん抱えている人が息抜きにサクッとクリアまでやる、とかだとそこまでのボリュームではないので、おすすめかもしれません。

Splatoon3 プレイ感想

9/9(金)に発売された Splatoon3 を遊んでいるので、感想です。

ゲームの内容や変更点など

ゲームのルールは全2作から大きな変更はなく、安定した面白さがあります。 モードも、ナワバリバトル、ガチマッチ(バンカラマッチ)、サーモンラン、ヒーローモードなどいつも通りですね。

新要素や変わった点としては、カードバトルが遊べるナワバトラーが入ったり、ガチマッチはオープンとチャレンジがあり、オープンはフレンドと遊べる、チャレンジが昇格に必要なポイントを稼ぎやすかったり昇格戦を行なったりするモードになっており、一人の場合は基本的にチャレンジで遊ぶと効率が良いのかな、という印象です。

良くなった点

ニュースが飛ばせるようになっていたり、サーモンランが常に遊べるようになっていたりと、2で不満だった点が解消されています。 また、良い/悪いの判断は人によるかもしれませんが、ガチマッチのランクはルールごとではなく、共通になったので、全部のランクを上げる、というような手間は無くなったと思います。ただ、今回はシーズン制になっていて、一定期間ごとにリセットされるようなので、ランクをキープするためには定期的に遊ぶ必要も出ていますね。

ヒーローモード

オクトパスエキスパンションで良かった要素を取り入れており、かなり面白くなっていました。 長いステージを遊ばせるのではなく、短めのミッションを達成するステージがたくさんある、という感じで、エンディングを見るだけであれば全ステージクリアする必要などもないですね。

話もなかなかシリアスな感じで、黒幕の正体や目的なんかも面白かったです。

自分の近況など

ストーリーは全クリアした状態なので、ナワバトラーも進めながらサーモンランやバンカラマッチを進めている状態です。 あまり強いブキではなさそうですが、エクスプロッシャー使ってます。ただ、ガチアサリは長射程武器が厳しそうなので、近距離武器も練習してみようと思っています。

PS5「ソウルハッカーズ2」トロフィーコンプリートまで遊んだので感想

8/25(木)に発売したソウルハッカーズ2をトロフィーコンプリートまで遊んだので感想です。

面白さ

あまりネット上での評判はよろしくないようですが、個人的な感想としては、トロフィーコンプリートまで楽しんでやれました。 ゲームとしては及第点だと思います。

良いところ

主人公のリンゴは見た目ギャルですが、好感の持てる性格で、表情もドヤ顔多めで可愛かったので良かったです。 AI 的な存在だと理解したのですが、全体的に江戸っ子っぽい性格で、クール系とか感情が無い、わからない系のキャラクターではなかったです。声優さんも雰囲気に合っていました。

ゲーム的にも難易度はメガテンシリーズなのである程度は高いものの、調整もできるし、詰まるレベルではないですね。 ペルソナのように時間制限があるわけでもないので、やりたいことを試しながら進めることができます。

良くなかったところ、ゲーム的な面

特に作りとして良くないと感じたところとしては、以下のような点です。

  • 仲魔にしたい悪魔は手持ちの悪魔がランダムに連れてくるので、狙った悪魔をゲットできない点
  • 令和にもなって、マップの倍速移動が標準機能ではなく追加スキル、しかも割と短時間で切れる、かつ2周目引き継ぎ不可で再度取り直し
  • その上でトロフィーコンプリートなどのやり込みに2周目必須
  • クリア直前のデータでやり込もうとすると、食事の会話が埋められない、ダンジョンのナビゲーションの音声などやる気が削がれる要素が多い

一般的に RPG はクリア直前データでやり込むものだと思うので、ラスボス撃破後2周目に行くのではなく、1周目のメンバー勢揃いな状態で好きなだけやり込みができて、任意のタイミングで2周目に行ける、のような作りの方が最近のトレンドなんじゃないかなぁと思いました。

良くなかったところ、売り方

価格はネットでも特にいろいろ言われており、私はあまり気にしてないものの、ペルソナ5を期待しているとクオリティ、ボリューム的に全く満たさないものになっているので、ユーザーの期待値ギャップは大きかったんじゃないかと思いました。

また、追加シナリオとこれまで普通にレギュラーに出ていた悪魔などを、発売日に別売 DLC にしているのは流石にどうかと思いました。 衣装や経験値ブースト、過去作の重要キャラっぽい悪魔などはファンサービスなので別売でも良いものの、ソウルハッカーズ2本編に入れて違和感のないシナリオと恒例の強悪魔を別にしているのは、どう考えても本編に入れるものを分けて金稼ぎを狙っている魂胆が見え見えで、こういうのは良くないと思いました。

まとめ

ゲームとしては面白かったんですが、作りの甘い部分とユーザーの信頼を失うような行動が見えており、ちょっと残念な印象なのは否めないですね。 個人的には続編出たら購入するぐらいにゲームや世界観は気に入ったんですが。

メガテンシリーズ好きで気になっている人は、やってみる価値はあるものの「神ゲーなので今すぐやらないと損」みたいなレベルではないですね。