月曜日までに考えておきます

ITネタとゲームネタ中心に興味のあること色々書きます。

Nintendo Switch スマッシュブラザーズ Special 感想です

スマブラ Special 発売されましたね。

f:id:ryonext:20181210210057j:plain

全キャラクター参戦ということで、非常にキャラ数が多くみんなでワイワイ楽しめるゲームになっています。ゲームキューブコントローラー拡張アダプタを USB ハブを使って2つ刺すことで、ゲームキューブコントローラーを8個刺して8人対戦することもできます。すごい。

ゲームモードなど

大きく分けて、みんなで対戦する向けの大乱闘、一人でアイテム収集とかする勝ち抜き乱闘(昔の1Pモードみたいなやつ)、オンライン対戦、ストーリーモード的なアドベンチャーモードがあります。アドベンチャーモードだけで10〜20時間ぐらい遊べるボリュームで、そこから勝ち抜き・オンライン・友達と遊ぶ的なことを考えるとボリューム多いですね。クリアゲッターを埋めることも意識すると長く遊べると思います。

f:id:ryonext:20181210211447j:plain

アドベンチャーモード

マップ型のステージを黙々とクリアしていくゲームですね。これはアクションゲームよりも RPG であると割り切って遊んだほうがよく、いきなり強敵や非常に理不尽なルールのゲームが始まるステージもあるのですが、そこをムキになってクリアしようとすると非常にストレスフルになります。戦闘力で明らかに負けている場合とか無理ゲーっぽいのは一旦後回しにして、装備アイテムである「スピリッツ」を手に入れてから挑むようにすると楽に勝てたりします。例えば、敵は毒無効な上に二人いるステージで戦うものとかあり、理不尽の極みですね。しかし、終盤に毒で HP 回復みたいなスピリッツが手に入るので、それがあったら回復しながら一人ずつ倒していくゲームになる、という感じです。

f:id:ryonext:20181209115506j:plain

クリアゲッター

すでに記憶になかったのですが、スマブラ for のときはクリアゲッターで全キャラシンプルクリアとかターゲットを壊せクリアみたいなのがあったようで、苦行の極みだったようです。

3DS「スマッシュブラザーズ for 3DS」落ち着いたので感想など〜 - 月曜日までに考えておきます

今回のクリアゲッターは項目的に難しそうなのはあるものの、死んだ目をしながら給料が発生するべき作業では、と感じるようなプレイを強いる単純かつ時間のかかるものはなさそうなので、このあたりは改善されていますね。

f:id:ryonext:20181210211411j:plain

ネット対戦の仕様

ガチ部屋とか無くなって、自分で遊びたいルールで対戦を募集すると自分か相手のルールでマッチングする、みたいな仕組みになっています。どんなルールでもレーティングは上下するようになっています。個人的にスマブラで 1on1 やるならスト5とかやってたほうが楽しいのでは・・・と思う人なので、ガチ部屋 1on1 だけがレーティングに関わっているのは違和感がありました。そのため、この変更は良いと思います。

あと、個人的な交友関係上、アメリカやアイルランドに複数人スマブラをやれる人がいるので、それぞれの拠点のSwitchを使って日本のメンバー6人と海外のメンバー2人を混ぜて対戦、のようなことをやりたかったのですが、フレンド対戦で参戦できるのは1台1人までのようです。スイッチとソフトが人数分必要になりますね。ここは少し残念。

まとめ

全体的に安定して完成度が高く、今までどおり楽しく遊べるゲームです。 結局のところ、オンライン対戦をストイックに楽しめる人でなければ、結局はみんなでワイワイ遊ぶゲームなので、リアルに遊ぶ友達がいるかどうかは重要ですね。

f:id:ryonext:20181210210222j:plain

幸いぼくは会社の同僚で遊べる人が複数人いて、仕事終了後に遊べる環境があるので8人でワイワイやれる恵まれた状況となっています。こういう環境が今ある人はそれを大事にするといいと思います。また、弊社は IT エンジニアを積極募集しているので、興味のある方はお声がけください。(突然の採用活動)

f:id:ryonext:20181210210136j:plain

Undertail を遊んでました、RPG 好きはぜひ遊ぶべき一品

PC や PS4, Switch で発売されたインディーズ RPG である “Undertail” を遊んでました。 これまでに遊んだ中でも最高の RPG の一つだなーという印象です。

Steam:Undertale

UNDERTALE - PS4 (【永久封入特典】ストーリーブックレット 同梱)

UNDERTALE - PS4 (【永久封入特典】ストーリーブックレット 同梱)

ゲームの雰囲気

実際にインスパイアされているそうですが、雰囲気は MOTHER に似ています。若干シュールな展開、ほっこり、涙ありみたいな。音楽が異常に良いのもよいですね。MOTHER 好きな人は絶対に遊ぶべき作品です。

f:id:ryonext:20181111094820p:plain

難易度

いくつかの分岐があるマルチエンディングなのですが、普通に遊んでてたどり着くルートの難易度はそれほどでもなく、万人向けの難易度だと思います。オススメ。

一方で、一番最後にたどり着くであろうルートがあらゆる意味で鬼畜です。中ボス的なポジションの難易度が非常に高くてこの時点で心折設計なのですが、そのルートのラスボスは中ボスって簡単だっただなぁ(遠い目・・・)となるレベルにやばいです。

今年戦ったやばいボスでいうと、ジャンルはぜんぜん違うので個人差はあると思いますが、スプラ2のタコ拡張の裏ボスであるアレと同じレベルなんじゃないか感です。100回は死ぬし、最初のうちは一生勝てる気がしないのを勝つまでやる。戦っているときの音楽がとても良いので何度でもリトライするところも同じ。是非楽しみましょう。

ボリューム

SFC 時代の RPG よりも若干短いぐらいのボリュームですが、前述の鬼畜ルートラスボスで数時間は溶けるんじゃないかと思います。サクッと遊べるボリュームではあるものの、そのルートまでやって死にまくった上で最後に勝つのが良いです。

f:id:ryonext:20181111094855p:plain

まとめ

ということで最高だと思える RPG でした。 「それほどでもなくない?」みたいな意見もあり、最後まで遊んだ上でそれであれば良いのですが、全ルートクリアせずにその感想だと、スプラートゥーンでいうとA-B を行ったり来たりぐらいの腕前で「味方ゲーだからつまんね」ぐらいにもったいない発言なので、ぜひとも全ルートやりましょう。

あと新作 DELTARUNE も体験版があります。

DELTARUNE

PC や PS4, Switch で発売されたインディーズ RPG である “Undertail” を遊んでました。 これまでに遊んだ中でも最高の RPG の一つだなーという印象です。

Steam:Undertale

UNDERTALE - PS4 (【永久封入特典】ストーリーブックレット 同梱)

UNDERTALE - PS4 (【永久封入特典】ストーリーブックレット 同梱)

ゲームの雰囲気

実際にインスパイアされているそうですが、雰囲気は MOTHER に似ています。若干シュールな展開、ほっこり、涙ありみたいな。音楽が異常に良いのもよいですね。MOTHER 好きな人は絶対に遊ぶべき作品です。

f:id:ryonext:20181111094820p:plain

難易度

いくつかの分岐があるマルチエンディングなのですが、普通に遊んでてたどり着くルートの難易度はそれほどでもなく、万人向けの難易度だと思います。オススメ。

一方で、一番最後にたどり着くであろうルートがあらゆる意味で鬼畜です。中ボス的なポジションの難易度が非常に高くてこの時点で心折設計なのですが、そのルートのラスボスは中ボスって簡単だっただなぁ(遠い目・・・)となるレベルにやばいです。

今年戦ったやばいボスでいうと、ジャンルはぜんぜん違うので個人差はあると思いますが、スプラ2のタコ拡張の裏ボスであるアレと同じレベルなんじゃないか感です。100回は死ぬし、最初のうちは一生勝てる気がしないのを勝つまでやる。戦っているときの音楽がとても良いので何度でもリトライするところも同じ。是非楽しみましょう。

ボリューム

SFC 時代の RPG よりも若干短いぐらいのボリュームですが、前述の鬼畜ルートラスボスで数時間は溶けるんじゃないかと思います。サクッと遊べるボリュームではあるものの、そのルートまでやって死にまくった上で最後に勝つのが良いです。

f:id:ryonext:20181111094855p:plain

まとめ

ということで最高だと思える RPG でした。 「それほどでもなくない?」みたいな意見もあり、最後まで遊んだ上でそれであれば良いのですが、全ルートクリアせずにその感想だと、スプラートゥーンでいうとA-B を行ったり来たりぐらいの腕前で「味方ゲーだからつまんね」ぐらいにもったいない発言なので、ぜひとも全ルートやりましょう。

あと新作 DELTARUNE も体験版があります。

DELTARUNE

PS4「Marvel’s Spider-Man」プラチナトロフィーまで遊んだので感想

9/7(金)に PS4 で発売されたスパイダーマンを遊んでました。

Marvel's SPIDER-MAN オフィシャルサイト | プレイステーション

プラチナトロフィー取得まで遊んだので感想です。

f:id:ryonext:20180911060904j:plain

映画の動きそのものを再現したゲーム

スパイダーマンの映画3作品を観たことあるのですが(アメイジングの前のやつ)、その時の映画内でスパイダーマンがやっていた、糸を伸ばして街を高速移動する動きをそのままゲームでもできますね。それもムービーゲーではなく、自分で操作して再現できるのがすごいです。

f:id:ryonext:20180911163337j:plain

操作に使うボタンも多くはないので、飛び跳ねて移動すること自体は難しくないものの、スピードを極めようとすると割と忙しい操作が必要になります。本編では必要ないですが、一部のタイムアタック的なミニゲームで必要になるテクニックだったりします。

オープンワールドのハイクオリティなゲーム

ニューヨークの街を自由に飛び回れるオープンワールドゲームです。スパイダーマンの移動性能が高いことも相まって、マップの広さ的にはそれほどでもないですが、街の作り込みがすごいです。これだけ作り込まれた街の中を前述のスパイダーマンの動きで飛び回っているだけで楽しいですね。

一方で、常にジャンプしているのであまり街中を歩かない印象もあります。

f:id:ryonext:20180911163258j:plain

難易度は控えめ

最近やっていたゲームがダークソウルシリーズやスプラトゥーン2DLC など、初見は絶対殺すし全員をクリアさせる気は全くなさそうなものだったのでそう感じるのかもしれませんが、難易度はそれほど高くないですね。死因は主に雑魚戦で油断して死ぬケースが多く、ボス戦は倒し方もわかりやすく、仮に負けても1〜2回ほどのリトライで勝てる難易度になっていると感じました。遊びやすいゲームでよかったですが、せっかくのマーベル作品なのに数時間やり直すこと前提な強敵ボスがいなかったのはちょっと寂しさを感じました。(ドローンチャレンジはそれぐらい難しいですがいまいちモチベーションが・・・)

ボリュームも控えめ

2日ほどでクリアし、4日ほどでトロフィーコンプできたのでボリュームはそれほど多くはないですね。 とはいえ、水増し的な作業感のある要素がなかったとも言えるので、これぐらいの長さのほうがゲームとして楽しめている時間が長いようにも思えます。

ストーリー

普通に映画のスパイダーマンと同じレベルのクオリティのシナリオだと思いました。冷静に考えると割と重めの話だと思うのですが、スパイダーマンの不殺と軽口のおかげで穏やかな気持ちで遊べます。

f:id:ryonext:20180909154658j:plain

まとめ

スパイダーマン体験の再現という点でもゲームのできとしても非常に良くできていますね。気になっている人は後悔しないのでぜひ買ってください。 このクオリティでアイアンマンも出してほしいと思いました。

f:id:ryonext:20180910141904j:plain

3DS 「メイドインワリオ ゴージャス」遊んでますが、なぜか女の子がかわいいゲームに

最近は、モンハンにベヒーモスが現れたとかの話もありますがその辺に手を付けず、8/2(木)に発売された 3DSの「メイドインワリオ ゴージャス」遊んでます。

ゲーム内容

シリーズをプレイした人には説明不要ですが、基本スタイルは全く変わっておらず、数秒で終わるバカゲーの詰め合わせをどんどんクリアしていくゲームです。ストーリーモードは数時間ぐらいで終わるほどのボリュームで、あとはひたすらやり込むという感じで割とストイックですね。

キャラクターかわいい

なんか本作で急に女性キャラクターが全体的にかわいくなっていますね。フルボイスになったりしている部分も大きいですが、萌え度が上がっている気がします。アシュリーは過去作でも人気高かったですが、モナもこんなかわいかったっけ?ってぐらいにビジュアル変わっています。

本作

f:id:ryonext:20180808220717p:plain

初代

f:id:ryonext:20180808220739g:plain

アシュリーはストーリーでツンデレのデレ度が増えた感じに。

さらに、新キャラではないのですが、プレイアブルキャラクター(?)というかサブキャラクターからメインキャラクターに昇格したファイブワットさんもすごいかわいいですね。

f:id:ryonext:20180808220806p:plain

歴代メインキャラクターの一人であるゲーマー小学生ナインボルトくんの母親ですが、お前のようなカーチャンがいるか!というようなかわいさです。かわいいのでぜひスマブラに参戦してくださいと思ったらもうしてたわ。げんきすぎる。

f:id:ryonext:20180808220831p:plain

f:id:ryonext:20180808220904p:plain

やりこみ要素

本編以外のトロフィー実績的なシステムがあるので、ちゃんとそれをやり込もうと思うとボリュームあります。収集要素をコンプリートすると新たな割とボリュームのあるミニゲームが始まったりもするので、極めようとすると割とボリュームのあるゲームだと思います。

まとめ

カジュアルに遊べるので、普段そんなにゲームをやらない人や子供にも遊びやすいゲームであり、そしてきっちりやり込める部分もある良いゲームに仕上がっていると思います。キャラクターもかわいいのでおすすめです。

スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション(追加コンテンツ)遊びました

Splatoon2 の追加コンテンツ自体は配信日である 2018/6/14 に買ってたんですが、仕事忙しかったりダークソウル3やってたりオクトパストラベラーやってたりして放置していたんですが、先日ようやくコンプリートまで遊んだので感想を書きます。

スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション(追加コンテンツ) | Nintendo Switch | 任天堂

ガチマッチはAランクぐらいで止まっており、正直なところそこまでやりこんでいないのですが、ヒーローモードは全武器コンプリートしてました。サーモンランも好きなで、対戦よりはコンピューターを倒している方が、自分的には好みのようです。

そんなわけなので、この追加コンテンツは割と楽しみにしていました。

1ステージは短い

ステージ自体はヒーローモードと比較すると短く、条件さえ達成すれば一瞬で終わるステージも多くありました。ヒーローモードとは全然違う感じなので、ヒーローモードが長くてだるかった人には良いと思います。ヒーローモードが好きな人は全武器コンプリートすればかなりのボリューム遊べるわけで寿司、この追加コンテンツはそこをガラリと変えてきたのは良かったですね。

f:id:ryonext:20180728221718j:plain

難易度は高い

一方で、全体的にステージの難易度は高めです。短いものの、難しいのでクリアするまでリトライするとなんだかんだでヒーローモードの1ステージをクリアするよりも時間が掛かるものが多い印象でした。

クリアするには集中力が必要で、やりごたえがあります。

ラスボスも結構難しい

ラスボス(表)も複数回やり直しを要するぐらいには難易度が高かったです。そしてシナリオ展開のシリアスさも敗北した場合の Bad End もスプラトゥーンにしてはガチな Bad End で悲しい気持ちになります。その分ラスボス戦〜ED の展開は熱いので良かったです。

これ、ラスボス戦だけ再度遊んだりしたいのですが、ホームから過去の激闘を思い出す、みたいなことしたら通常ステージになっちゃうので、ラスボス前のステージをクリアしないと遊べないんですかね。(わざと死んでスキップはできるけどめんどい)

f:id:ryonext:20180708230305j:plain

隠しボスは心折設計

隠しボスはすごい死にゲーですね。やりこんでてランク S まで行っている人ならそこまで苦しくないのかもしれませんが、ぼくはそこまでやりこんでないので普通に数時間掛かって、何度か集中力切れて休憩取りながらなんとか倒せました。トライ&エラーが気軽にできるのはいいですが、ソウルシリーズで鍛えた心も折りに来るレベルでの高難易度で驚きました。

f:id:ryonext:20180723215707j:plain

まとめ

DLC ですがボリュームもそれなりにあり、楽しめました。オンライン対戦はしばらくやってないって人でもこれは自分のペースで遊べるので、復帰してやってみるのにおすすめだと思います!!

噂によるとこの追加コンテンツの制作チームがサーモンランのチームであり、そのためにサーモンランのアップデートがほとんどなかったとの情報があったので、今後はサーモンランのアップデートも増えると嬉しいなーと思っています。

Nintendo Switch 「オクトパストラベラー」遊びきったので感想

7/13(金)にニンテンドースイッチで発売されたスクエニの新作 RPG 「オクトパストラベラー」をクリアして、ゲーム内最強の敵も撃破したのであまりネタバレにならないように感想を書きます。

f:id:ryonext:20180714085031j:plain

音楽やグラフィックなど

古き良き SFC 時代の RPG を意識して作っているグラフィックの 2D RPG ゲームです。インターネット上の記事でもよく書かれているように、今の時代にこのコンセプトで RPG を作成し、高い完成度で作り上げており、素晴らしい名作だと思いました。

背景は非常に美しく、また音楽も強敵との戦いの音楽の盛り上げ方なんかは本当に SFC 時代の名作の RPG の数々を思いおこさせるものとなっており、この時代にこんなゲームを遊べたのは非常に嬉しいことだと思いました。

ゲームバランス

ターン制 RPG でありながら、弱点をついて相手をブレイクさせるシステムや BP をつぎ込んで効果を倍増させていくシステムなどの目新しさもあり、戦闘を楽しいと感じられるゲームになっていました。その分、雑魚戦についてボタン連打しているだけですぐ終わるようなものではないので若干時間がかかったりしますが、割とレベルが上がりやすくなっているので、時間のかかる雑魚戦をたくさんやらないといけないような印象はありませんでした。

主人公達が8人おりますが、皆それぞれ強みがあり、ジョブを付け替えてカスタムするようなこともできるのでバランスのいいゲームだなぁと思いました。

ストーリー

f:id:ryonext:20180716102943j:plain

ネット上の感想記事では、8人の主人公の話がそれぞれ連動しておらず、壮大な話ではないところが残念、のようなものを見かけたのですが、最後まで遊んでないんだろうなーと思います。

一人ひとりの主人公をクリアした段階では、続編前提かな?と思うぐらいに伏線を残したまま終わりますが、最後のサブストーリーまで遊ぶと伏線が回収され、いろいろなことが明らかになりました。この見せ方はうまいなぁと思いました。

エンドコンテンツのバランス

ゲーム内最強の敵はその強さもさることながら、そこにたどり着くまでの過程が割とひどい感じに作られていますね。超絶強いのに、戦闘前にセーブできる感じではないので負けたらかなり巻き戻されることになり、気軽にトライ&エラーして倒せるものではなくなっています。

このあたりは FC の FF3 を意識しているのかな、というぐらいにひどいですね。他の部分でそんな不親切設計の部分は見当たらないので、ここはあえてそういうレトロゲームのように理不尽にしており、クリアできる人を絞りたい意図もあるのかなぁと思いました。

f:id:ryonext:20180719021413j:plain

まとめ

ということで、特にこの昔っぽい RPG 感を見て興味が出た人には、その期待を超える作品になっているのでぜひ遊んでほしいと思います。 今年遊んだゲームの中では、1月に出たモンスターハンターワールドも素晴らしかったですが、それと並んで自分の中で今年最高の作品になりました。

f:id:ryonext:20180715022719j:plain